Cannot open your default e-mail folder data error cyclic redundancy – Microsoft Community.ファイル操作 (パソコン便利ツール集)

Looking for:

Microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download. AKAO HOME STYLING

Click here to Download

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
However, scenarios like oversized PST, erroneous hard drive, improper system shutdown, or abrupt Outlook closing corrupt Outlook PST file and make your data inaccessible. To fix Outlook data file corruption and such situations of data loss, Outlook provides an inbuilt utility named Inbox Repair Tool. Aug 20,  · Cyclic redundancy check.” in Microsoft Outlook It is nowadays common amongst the Microsoft Outlook users to experience corruption in their personal folder .pst) file. You may get stuck while trying to access a mailbox folder. Mar 27,  · Due to the disk error, it appears your PST is toast, at least as far as scanpst is concerned. That’s why it’s a good idea to make frequent periodic backups of your data. One of the commercial PST scanners may be able to get farther.
 
 

Microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download. JP4734592B2 – クライアントリダイレクトによるプライベートネットワークへの安全なアクセス提供方法およびシステム – Google Patents

 
storage in dragon age originsrazer lachesis driver windows seconds virus scannerhawking hwren1 setup without cdamd catalyst battlefield 4 spring patch choupo moting fifa 15 lifecam vx windows 10 color switch apk download wireshark windows server Try again with a shorter name. gigabyte ga m68mt d3yamaha psr e midihitman bloody money demokill the plumber apkamaranthine voyage series orderhow to open. Try again with a shorter bypass proxy list. gamestop modern warfare 2 what ofice free fall sensor jawbone up24 update firmware razer deathadder 3.

 

Microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download

 

Effective date : Ref document number : Country of ref document : JP. Free format text redundsncy PAYMENT UNTIL: Year of fee payment : 3.

関連出願への相互参照 本出願は、2001年11月2日出願の米国仮出願第60/350,097号の利益を主張する、2002年1月29日出願の米国特許出願第10/060,792号の一部継続出願である。. この代表的な例は、ユーザが、ウェブブラウズ要求のコンテンツ内に表示されたウェブページ中のハイパーリンクを選択することで開始される安全な要求に関する。選択されたハイパーリンクを、 https://secure.danastreet.com/quote/msft:danainfo:host=www.xyz.com と仮定する。ここで、「https」は、セキュア・ソケット・レイヤ(SSL)を使用するプロトコルであり、「secure.danastreet.com」は、「danastreet.com」をドメインとし、「secure」をサブドメインとするホスト名であり、「/quote/msft」は、前記ハイパーリンクの選択により要求される特定のリソースへのパスであり、「danainfo」はキーワードであり、「www.xyz.com」は、要求されたリソースが存在するホストある。従って、ホスト名前「secure.danastreet.com」のドメインネームの検索は、この例に関する仲介サーバ1004であるdanastreet.comのIPアドレスによりなされる。そして、その要求はクライアント1002から仲介サーバ1004へ送信される。その要求は、例えば、以下のようなものである: GET:/quote/msft:danainfo:host=www.xyz.com HTTP/1.0 Host:secure.danastreet.com Cookie:DSID=123xyzzbc 追加のクッキー、暗号化の容認等、他の情報も、要求内に含まれていてもよい。クッキーは、この例では、セッションクッキー(セッションID)であり、クライアント1002に、仲介サーバ1004を用いた使用が許可されているかどうかを判断する際に使用される。.

安全な要求の場合には、要求内のホスト名は、要求が最終的に送信されるリモートサーバ1008を直接識別することはできない。しかしながら、リモートサーバ1008に関するホスト名は、要求と共に提供される情報から得られる。より詳しくは、情報(つまり、ホスト変数)は、要求と共にサフィックスとして提供される。この例において、サフィックスは、リモートサーバ1008のホスト名が、「www.xyz.com」であるという情報を含む。適切なホスト名が得られると、ホスト名(「www.xyz.com」)に関するドメインネーム検索が行われる。次に、仲介サーバ1004およびリモートサーバ1008からの接続が行われ(あるいは、既に接続されていた場合は、維持され)、安全なハンドシェークがオプションとして行われる。その後、ホスト名およびリクエスタに関連したデータストア1006内のあらゆるクッキーを得ることができる。次に、仲介サーバ1004による要求は、リモートサーバ1008に送信される。その要求は、例えば、 GET:/quote/msft HTTP/1.0 Host:www.xyz.com Cookie:xyzUserID=sam である。他の情報も前記要求に含まれていてもよい。オリジナルの要求と共に提供されるクッキーは、仲介サーバ1004に関したものであり、よって、リモートサーバ1008へ要求と共に転送されることはないという点に注意されたい。.

以下、get cookies関数、set_cookies関数、setURL関数、およびストリング置換の代表的な例を記載する。これらの例は、理解を助けるために挙げられているものであり、よって、本発明のいずれかの態様に関する限定とみなされるべきではない。以下の例では、スクリプト言語としてJava(登録商標)Scriptを使用する。.

get cookies関数およびオペレーション1310に関する第一の例を以下説明する。この例において、スクリプトは、スクリプト命令 var c=document.cookie; を含んでいる。これは、そのドキュメント(ページ)に関連したクッキーを変数cに割り当てるものである。このスクリプト命令は、 var c=get cookies (「othercookie=abc」); と置き換えられるであろう。これは、そのドキュメント(ページ)の特定のドメインおよび特定のユーザ(例えば、「othercookie=abc」)の仲介サーバに存在するクッキーを割り当てるものである。更に、get cookies関数は、その引数として仲介サーバからクッキーを取り、それにスクリプトによって設定される他のクッキーを加える。.

set cookies関数およびオペレーション1314に関する第二の例を以下説明する。この例において、スクリプトはスクリプト命令 document.cookie=”selection=ijk;expires=...”: redunddancy document. cookie outkook set_cookie(”<domain>”,”selection=ijk;expires=...”;); と置き換えられる。これは、ドキュメント(ページ)に関連したクッキーをブラウザおよび仲介サーバにも格納する。set cookies関数は、2つの引数を含んでいる。第一の引数は、スクリプトを有するページのドメインを識別する。第2の引数は、元々ドキュメントクッキープロパティに割り当てられていた値である。set cookies関数は、これら2つの引数を組み合わせ、有効期限のないservercookieXと呼ばれるクッキーを設定する。但し、Xは、識別数値を表す。ブラウザにより、このクッキーは仲介サーバに送られるであろう。その後、仲介サーバはユーザ用のクッキーストレージにクッキーを組み入れることができる。クッキーはまた、ユーザ用のストレージ中の既存のクッキーを失効させるために使用することができる。一旦、クッキーが仲介サーバに格納されると、仲介サーバが返送する次のページでは、servercookieXはもはや必要とされないため、失効する。setcookies関数に対する呼び出しはまた、servercookieX内にあるいかなるクッキー価値をも付加するであろう。.

setURL関数およびオペレーション1318に関する第三の例を以下説明する。そのsetURL関数は、要求をさせるプロパティを修正する働きをする。この例において、スクリプトはスクリプト命令 document.location=”http://www.xyz.com/foo.htmi”; を含む。これは、ブラウザを新しいページに導く。このようなスクリプト命令は、 document.location=set Outlkok ” ” ,”http://www.xyz.com/foo.html”); と置き換えられる。 downlosd. また、スクリプトの存在するページが、URLサフィックス手法を用いている場合、setURL関数に渡される関連URLは、それに適用されているのと同様のサフィックスを有していなければならない。この場合、仲介サーバは、setURL関数に対する第一の引数として、サフィックスにおいて渡される必要のあるあらゆる引数を挿入するであろう。例えば、そのページのURLが、 https://secure.danastreet.com/quote/msft:danalnfo:host=www.xyz.com であり、そのページのスクリプト命令が、 document.location=”/uqote/ibm”; を含む場合、書き換えられたスクリプト命令は、 document.location=set URL(”Host=www.xyz.com”,”/quote/ibm”); といったものになるであろう。そして、setURL関数から返された結果は、 /quote/ibm:danalnfo:host=www.xyz.com となるであろう。これは、 https://secure.danastreet.com/quote/ibm:danalnfo:host=www.xyz.com に対するブラウザからの要求となるであろう。 また、スクリプト命令が上記の代わりに document.location=”https://www.abc.com/info/msft”; であった場合、書き換えられたスクリプト命令は、 document.location=set URL(”Host=www.xyz.com”,”https://www.abc.com/info/msft”); といったものになるであろう。そして、setURL関数から返された結果は、 https://secure.danastreet.com/info/msft:danalnfo:host=www.abc.com となるであろう。 この場合、第二の引数が完全URLであり、最終URLを構築するのに必要な情報を全て含んでいるため、setURL関数に対する第一の引数は必要とされないことに注意されたい。.

書かれた時、ブラウザにURLをフェッチさせることのできる多くの関数またはプロパティがあることに注意すべきである。例としては、 window.open(’url’,...) form.action=’url’; document.location=’url’; document.location.replace(’url’); image.src=’url’; などが挙げられる。. ストリング置換およびオペレーション1322に関する第四の実施例を、以下説明する。ストリング置換は、URLを返すプロパティを修正する働きをする。ここで、URLを返すプロパティから読み取るスクリプト命令は、定数ストリングと置き換えられる。この例において、スクリプトが、 var url=document.location; を含んでいる場合、そのようなものは、 var url=”http://www.yahoo.com/foo.htmi”; によって置き換えられるであろう。 このオペレーションは、その環境を検査するいかなるスクリプトも、そのページの実際のURLが、予期するものとは異なることにより混乱することがないよう徹底する役目を果たす。修正を必要とするかもしれない二つ以上のプロパティがあることに注意されたい。そのような修正をすることのできるプロパティのいくつかの例としては、 document.location (全URLを返す) document.domain (URLのホスト名部分のみを返す) が挙げられる。.

図18は、いくつかの実施形態を示すブロック図である。いくつかの実施形態は、少なくともクライアント側の部分を含み、いくつかの実施形態は、少なくともサーバ側の部分を含み、また、いくつかの実施形態は、少なくともそれぞれ一つづつを含む。図18は、この例ではクライアントマシンを含むクライアントネットワーク1810と、この例では、企業サーバを含むリモートネットワーク1840と、クライアントネットワーク1810とリモートネットワーク1840を接続するインターネット1890とを示している。クライアントマシン1810は、Win32アプリケーション等のクライアント/サーバプリケーションのクライアントアプリケーション1812と、レイヤドサービスプロバイダ(LSP)1814と、ネームスペースプロバイダ(NSP)1815と、セッションマネージャ1816と、Winsock API1818とを備えている。リモートネットワーク1840は、クライアント/サーバプリケーションのサーバプリケーション1842と、DNSサーバ1844と、中間サーバ1846とを備えている。中間サーバ1846は、デーモン1848を備えている。セッションマネージャ1816とデーモン1848は、(例えば、ポート443を介して)通信プロトコル1850によりインターネット1890上で通信する。セッションマネージャ1816は、通信プロトコルクライアントと呼ぶことができる。多くの実施形態では、中間サーバはリモートネットワークの一部と考えられる。.

セキュアアプリケーションマネージャのいくつかの実施形態は、クライアントソフトウェア、例えば、Win32ベースのソフトウェアを備えており、これは、リモートアクセスセキュアネットワークコネクションを、アプリケーション毎および/またはホスト毎に、中間サーバを介して安全に、企業クライアント/サーバプリケーションリソースにトランスペアレントに転送できる。例えば、中間サーバの管理者は、特定のクライアントアプリケーションから、企業リソースへのアクセスの一部または全てを保護するよういくつかの実施形態を構成することができる。クライアント側アプリケーションのいくつかの例としては、Outlook等のEメールアプリケーション、連絡先管理アプリケーション、またはメモ帳アプリケーション;SAP R/3クライアント等のクライアント側エンタープライズリソースプランニングアプリケーション、Citrix ICA等のクライアント側アプリケーションサービスソフトウェア、インターネットエクスプローラ等のブラウザなどが挙げられる。.

図19は、WinsockアプリケーションおよびWindows(登録商標)(登録商標)ソケットレイヤを備えた実施形態を示す。図19は、Winsockアプリケーション1910、Winsock API1915、Winsock DLL1920、Winsockトランスポート SPIおよびネームスペースSPI1930、LSP SPI 1935、LSP 1936および1938、トランスポートサービスプロバイダ1945(図示されているTCP/IPトランスポートサービスプロバイダおよびIPX/SPXトランスポートサービスプロバイダ)、およびネームスペースプロバイダ1955(図示されているDNSネームスペースプロバイダおよびIPXネームスペースプロバイダ)を示している。.

図20は、WinsockアプリケーションとWindows(登録商標)(登録商標)ソケットレイヤを含む別の実施形態を示す。図20は、Winsock2アプリケーション2010、Winsock2 API2015、Winsock2 DLL2020、Winsock2トランスポートSPI2030、Winsock2ネームスペースSPI2040、トランスポートサービスプロバイダ2050、およびネームスペースプロバイダ2060を示している。. クライアントソフトウェアは、(例えば、中間サーバ上にあるActiveXコントロールから)ダウンロードし、起動することができる。LSPとNSPは、システムにインストールすることができる。セキュアアプリケーションマネージャプロキシは、 例えば、ActiveXコントロールにより ダウンロードし、起動することができる。. Winsock2は、アプリケーションプログラムインターフェイス(API)だけでなく、トランスポートおよびネームスペースプロバイダ双方のためのサービスプロバイダーインターフェース(SPI)も標準化している。さらに、そのフレームワークは、トランスポートプロバイダ、別名、LSPの階層化をサポートする。実際のWinsock DLLは、マイクロソフトによりインプリメントされ、あらゆるベンダーが自由にトランスポートおよびネームスペースプロバイダをインプリメントし、それらをシステムにインストールすることができる。レガシーWinsock1 API(例えば、winsock.dll、wsock32.dII; いずれもWinsockダイナミックリンクライブラリとして知られている)に書き込まれたアプリケーションは、新しいWinsock2 API(ws2 32.dII、さらに、Winsockダイナミックリンクライブラリとも呼ばれる)にサンクされている。.

レイヤドサービスプロバイダー(LSP)は、Windows(登録商標)(登録商標)で使用することができ、アプリケーションがTCP/IPスタック上でカスタムトランスポートサービスを行うことを可能にするLSPアーキテクチャを提供する。クライアントマシンにLSPサービスがインストールさている場合、クライアントマシン上で作動するWin32アプリケーションは自動的にLSPサービスを読み込むことができる。そして、LSPサービスは、Winsock呼び出しに対する呼び出しの一部または全てをインターセプトすることができ、更なるカスタムトランスポートメカニズムを付加することができる。また、ネットワークデータおよび/またはWinsock APIからのイベントを検査、修正、および/または転送することができる。このレベルでネットワークトラフィックをキャプチャすることにより、LSPは、呼び出しアプリケーションのコンテキストにおいて実行することができ、そのプロセス情報にフルにアクセスできる。アプリケーションレベルデータへのアクセスは可能であるが、TCPおよび/またはIPレベルヘッダー情報へのアクセスはできない場合もある。.

セッションタイムアウト処理および/または他のアクセス機構の同時処理のために、LSPサービスは、ホストを対象としたトラフィックを無視する(Winsock APIに直接渡す)ことを自動的に選択することができる。このトラフィックは、クライアント側部分がダウンロードされるホストのIPアドレスであってもよい。これは、たとえブラウザが、セキュアアプリケーションマネージャを介して保護されるアプリケーションとなるように構成されている場合でも可能である。. いくつかの実施形態は、WSPStartup()関数をエクスポートすることができるWin32 DLLのようなダイナミックリンクライブラリを備えている。インストーラーは、他のLSP上にレイヤとなるプロトコルおよび他のLSPに関してのオーダーについて記述する一以上のプロトコルチェーンとLSPとを登録することができる。アプリケーションがWinsockライブラリーを読み込む場合、WinsockはLSPのWSPStartup()関数を呼び出すことができる。この時、LSPは、チェーン内で上に位置するLSPまたはWinsockカタログにそのSPIエントリーポイントを返すことができる。LSPは、チェーン内の次のプロバイダを読み込み、同様のエントリーポイント交換を行なうことができる。チェーンは、ベーストランスポートプロバイダと呼ばれるトランスポートサービスプロバイダで終わっていてもよい。この時点で、呼び出しは、カーネル内のTDIプロトコルドライバに、またはTDIプロトコルドライバからディスパッチすることができる。.

offjce DLLのようなダイナミックリンクライブラリを含むことができる。LSP同様、インストーラーはNSPを登録することができる。Winsockは、必要に応じてNSPを読み込んだり、エントリーポイントを交換したりすることができる。NSPが階層化されている場合、例えば、複数のNSPが同じネームスペースを共有して、インストールされている場合、その動作はWinsock2では不確定である。.

NSPは、安全なリモートネットワークにDNS要求を中継するためにDNS検索をインターセプトすることができる。LSPは、Winsock connect()呼び出しをインターセプトし、発信TCP接続の一部または全てを、セキュアアプリケーションマネージャプロキシに転送することができる。セキュアアプリケーションマネージャは、多数のオペレーションモードを有することができる。アプリケーションプロキシモードのような一モードにおいて、LSPは、管理者の選択したアプリケーションセットに読み込み、それらアプリケーション内の接続の一部または全てを中間サーバに転送する。宛先プロキシモードのような別のモードでは、LSPは、プロセスの一部または全てに読み込み、管理者の選択した宛先ホスト、アドレス、および/またはポートのリストに基づき転送する。.

接続を開始する前に、ポートマップ要求がLSPから届く。セキュアアプリケーションマネージャプロキシは、バインドするために利用可能なローカルアドレスとポート、例えばループバックアドレスとポートを見つけることができ、その関連を記録し、その双方をLSPに返す。そして、LSPは、このループバックアドレスとポートへの接続を開始することができる。セキュアアプリケーションマネージャプロキシが、接続指示を受け取ると、中間サーバへの接続を開始することができる。この接続がうまくいった場合、前記ループバックアドレスから入ってくる接続が受け入れられる。一旦接続がなされれば、例えば、Winsock APIおよび/または通信プロトコルAPIの非同期の10個の特性に基づいたステートマシンは、ポートマップデータを処理することができる。.

ユーザに、どのアプリケーションが安全でありまた安全でないかといった感覚を提供するために、DLL、例えば個別のDLLは、各プロセスに関しWM PAINTメッセージをインターセプトするためにWin32ステータスフックを使用することができる。フックは、例えば、ステータスアイコンの書き込みにより、ビジュアルキューを、例えば、各ウィンドウの上部右側に提供することができ、アプリケーションが中間サーバに安全に接続されているかどうか示すことができる。ステータス情報は、セキュアアプリケーションマネージャプロキシによって作成された共有メモリ領域を読み取ることで得られる。.

前記中間サーバは、最初のリリースから「Whole Security」のベンダーとの統合をサポートすることができる。指定されたレジストリ設定は、クライアントマシン上でチェックし、セッションを起動する前に、いくつかのプロセスが実行されていることを確かめることができる。. 宛先ホストは、下記のうちの一つまたはそれ以上のもので表わすことができる:単一のIPアドレスまたはIPアドレス範囲;宛先ホスト名またはホスト名のリスト。ホスト名は、 * や?のようなワイルドカード表現を使用することができる。ここで、 * は、任意の数のキャラクタのパターンを表し、?は単一キャラクタのパターンを表わす。IPアドレスが指定され、アプリケーションがホスト名を照会する場合、セキュアアプリケーションマネージャは、そのIPアドレスを、IPアドレス範囲内のホストのリストに照らし合わしチェックすることができる。セキュアアプリケーションマネージャは、ホスト名に関する少なくとも単方向のDNS検索サポートをサポートすることができる。. セキュアアプリケーションマネージャプロキシに対し、LSPから複数のプロセスで同期呼び出しを行なうため、複数のキュー(例えば、二つのキュー)とWin32 Named Mutexを使用することができる。メッセージキューは、連続したメモリブロック(メモリマップファイル)によりインプリメントすることができ、各種サイズのメッセージをサポートすることができる。このキューは、最初から終わりまでラップアラウンドするデータに対処することができる。一つのキューは、一送信側と一受信側を持つことができ、このような二つのキューは、要求/応答シーケンス、例えば、既知の名前を持つシステム上の要求キューの場合や、固有の名前を持つLSPプロセスによる応答キューの場合に使用することができる。Named Mutexは、メモリへのアクセスの同期化に対処することができる。要求/応答シーケンスを同期化するため、応答データを待機させる場合、要求をしているスレッドは、応答キューミューテックからの信号を待つことができる。.

メモリマップファイル領域および/またはnamed mutexはそれぞれ、アクセスするために既知の名前を要求することができる。名前が知られている場合、同一アカウント(または、例えば、Win 9xにおけるシステム全体)で実行されているプロセスは、このメモリにアクセスすることができるため、このメモリへのアクセスをより困難にするため、更なるステップを設定することができる。セキュアアプリケーションマネージャが公開する既知のメモリとミューテック名は、リアルメモリとミューテック名を暗号化したフォーマットで格納するために使用することができる。リアルメモリとミューテック名は、それら各々の機能を示すためストリング「:Shared Memory」および「:Mutex」を含むような、実行時に作成されたランダムな名前をベースにしていてもよい。.

一旦セキュアアプリケーションマネージャプロキシが、<communication protocol>:PageInformation領域からセッションクッキーを読み取れば、メモリに常に「ぶら下がって」いなくてもすむようクッキーを消去することができる。. 図22は、インストールパッケージの例を示している。LSP、NSPおよびsamsp.dll2210、インストールスクリプト2214、およびMS redist Sporder.dll2218は、自己解凍型.EXE samsp.exe2220に圧縮される。これは、samsp.cab2230にキャビネットファイル化される。SAMP Proxy samsvc.exe2240は、samsvc.cab2260にキャビネットファイル化される。SAM UI Samui.exe2250は、samui.cab2270にキャビネットファイル化される。タイトルバーTitlebar.exe2280は、titlebar.cab2290にキャビネットファイル化される。.

モジュールは、LSP(例えば、%Program Files%¥name¥Application Proxy¥samlog.txt)と同じディレクトリに存在することのできるテキストファイルにメッセージを記録することができる。このログは、例えば、システムトレーアプリケーションからの要求で読まれたり表示したりすることができる。アンインストールに際して、このログファイルは削除することができる。. いくつかの実施形態は、UDPおよび/またはRAW IPトラフィックを保護する上でサポートする。セキュアアプリケーションマネージャが、アプリケーションプロキシモードで実行されている場合、非TCPトラフィックの一部または全てが、LSPにより拒絶される。. マイクロソフトは、NetBIOSのためのWinsock2トランスポートプロバイダ(Transport Provider)を提供している。もしアプリケーションが,このトランスポートプロバイダを使用したならば、LSPはNetBIOSトラフィックを処理することができるであろう。しかしながら、Windows(登録商標)エクスプローラは、このトランスポートプロバイダをそのNetBIOS処理に使用していない。.

いくつかの実施形態は、下記のうち一つ以上をサポートする:静的クライアント/サーバプリケーション;動的および/または複数ポートTCPをベースとしたクライアント/サーバプリケーション;特定クライアント/サーバプリケーションに関するクライアントポートおよび/またはサーバポート、宛先ホスト名リストのスペック;クライアント/サーバポートフォワーディング;ポート、宛先ホストアドレスなどの余分なスペックを作成するクライアントとの統合;単一ポートおよび/または複数ポートに関する宛先ホストおよび/または一以上のアプリケーション;サーバ開始接続(例えば、Active FTP)および/またはクライアント開始アプリケーションを含むクライアント/サーバプリケーション;TCPおよび/またはUDPベースのクライアント/サーバプリケーション;Windows(登録商標)メディア(Media)、リアル(Real)、クイックタイム(Quicktime)といった、ライブストリーミングを含む企業ストリーミングリソース;および、企業リアルタイムコラボレーションアプリケーションおよび/またはEラーンニングリソース(例えば、ネットミーティング(Netmeeting)、サムタイム(Sametime)オーディオ/ビデオなど)。.

いくつかの実施形態は、FTPのようなサーバ開始接続を含むことができるTCPベースのアプリケーションに対応している。SOCKS V5のようなプロトコルは、通信プロトコルの代わりに、あるいは通信プロトコルに加えて使用することができる。. 入って来るTCP接続を必要とする一例は、ほとんどのインプリメンテーションにおいてデフォルトモードであってもよい、FTPnアクティブモードをサポートすることである。これはクライアントマシン上のクライアントアプリケーションを参照することができる。アプリケーションがソケットでリスンする場合、それはwinsock API関数listen()に呼び出しをする。LSP内で、この呼び出しはインターセプトされ得る。ローカルセキュアアプリケーションマネージャ(SAM)プロキシに要求をする。これは、「バインド要求」と呼ばれる。バインド要求は、クライアントマシンがバインドされているIPアドレスおよびポートを含んでいる。次に、ローカルSAMプロキシは、リモートネットワーク上のIPアドレスと、ローカルクライアントマシン上のクライアントアプリケーションにより指定されたポートとを割り当てることができる中間サーバへのバインド要求をすることができる。中間サーバは、新たに割り当てられたアドレス/ポートで、入って来る接続をリスンすることができる。接続が行なわれた場合、入って来る接続要求は、クライアントマシン上のローカルSAMプロキシに返送され、次に、前記接続要求を、クライアントアプリケーションがリスンしている実アドレスおよび実ポートに転送することができる。その後、このアドレス/ポート(ソケット)にリモートネットワークから入って来るデータは、クライアントのクライアントアプリケーションに転送することができ、また逆も同様である。ローカルクライアントマシン上のクライアントアプリケーションがTCP接続をクローズする場合、SAMプロキシは、接続を切断するために中間サーバへ接続終了メッセージを送ることができる。.

中間サーバはUDPフロータイマーをインプリメントすることができる。一定の期間の後、アドレスおよびポートにおいて、UDPトラフィックが検出されない場合、その「UDPフロー」クライアント結合を切断することができる。そして、UDPフロー切断メッセージが、ローカル結合を切断するクライアントマシン上のローカルセキュアアプリケーションマネージャプロキシに送信される。UDPのステートレスな性質により、クライアントアプリケーションに通知が送られない場合もある。タイムアウト期間が終了した後、アプリケーションがUDPアドレスおよびポートにモーレスデータ(mores data)を送る場合、新たなUDPフロー要求が開始される。データがアドレスとポートに送信されると、UDPタイムアウト期間はリセットされる.

図24は、一般的なオペレーティングモードを示す。エクスプローラやIISといったアプリケーション2410、ネームスペースプロバイダ2420、NetBIOSおよび/またはNFSのようなTCP/IP TDIクライアント2430、TDIフックドライバ2440、TCP/IPトランスポートドライバ2450、セキュアアプリケーションマネージャプロキシ2460、中間サーバへのリモート接続2470が示されている。. NetBIOSは、DNSを使用するだけではないため、プロトコル特定のハンドラにより処理できる。それはWINSを使用して(UDP要求をサーバに送信)、ブロードキャストディスカバリおよびLAN上でUDPブロードキャストを行なうことができる。そして、それはWINSを用いたNetBIOS特定のホスト名解決および/またはUDPブロードキャストを行うこともでき、その後DNSが使用される。マイクロソフトWindows(登録商標)へのシームレス統合をサポートするために、プロトコル特定のハンドラは、リモートネットワーク上でネットワークディスカバリ要求を行なうことができる。たとえNetBIOSが、WINSおよびブロードキャスト検索の後DNSにフォールバックできるとしても、カスタム名検索処理を行なうことができる。カスタム名検索処理により、NetBIOSネーム解決が、タイムアウトおよびDNSへのフォールバックを待つ代わりとして使用されれば、より効率的であり、また、NetBIOS DNS解決は、ユーザがセキュアアプリケーションマネージャを起動する前に開始したシステムサービスによって行なうことができ、これは、SAMのモデルに反することもある。.

ネットワーク接続要求は、コンピュータ上のWindows(登録商標)ソケットレイヤ内に転送することができる。これには、ネームスペースプロバイダ(例えば、リモートネットワーク上のドメインネームサービス検索に利用)およびレイヤドサービスプロバイダ(例えば、ローカルネットワークからリモートネットワークへのクライアントアプリケーションのデータ転送に利用)を用いて、ネットワーク接続要求を転送することが含まれる。ネットワーク接続要求は、コンピュータのトランスポートサービスプロバイダ(例えば、TCP/IPトランスポートサービスプロバイダ)を避けて転送することができる。ネットワーク接続要求は、リモートネットワーク内の中間サーバに転送することができる。その中 間サ ーバは、コンピュータに代わってネットワーク接続要求を行なうことができる。転送は以下のうちの一以上に基づいて行うことができる:クライアントアプリケーションの名前、クライアントアプリケーションのチェックサム、クライアントアプリケーションのバージョン、宛先のサーバ、および宛先のポート。転送前に、ネットワーク要求は、WinsockダイナミックリンクライブラリおよびWinsock2ダイナミックリンクライブラリの少なくとも一つ通過することができる。ネットワーク接続要求は、コンピュータ上の少なくともプロキシを介して、リモートネットワーク内の中間サーバに転送することができる。.

ローカルネットワーク上のコンピュータ上のクライアントアプリケーションによってアプリケーションプログラムインターフェースを介し てソ ケットレイヤに送信され、リモートネットワーク上のサーバアプリケーションのアドレスを含むネットワーク接続要求を受信する工程と、 前記コンピュータによって、前 記ソ ケットレイヤ内のトランスポートサービスを使用せずに前記ネットワーク接続要求を前記リモートネットワーク内の中間サーバに転送する工程と、 前記ネットワーク接続要求が 前記中間サーバによって посмотреть больше て送 信されたデータを 前記コンピュータによって 前記中間サーバに向けて送信する工程と、 前記中間サーバによって前記データを受信する工程と、 前記中間サーバによって 前記データをサーバアプリケーションに送信する工程と、 を有するネットワーク通信方法。.

前 記ソ ケットレイヤは、Winsockダイナミックリンクライブラリ、Winsock2ダイナミックリンクライブラリ、アプリケーションプログラムインターフェース、レイヤドサービスプロバイダ、前記レイヤドサービスプロバイダのためのサービスプロバイダインターフェース、ネームスペースプロバイダ、またはネームスペースプロバイダインターフェースのうち少なくとも一つを含む請求項1に記載の方法。. 前 記ソ ケットレイヤ内に前記ネットワーク接続要求を転送することは、前記Winsockダイナミックリンクライブラリ、または前記Winsock2ダイナミックリンクライブラリのうち少なくとも一方をフックすることにより、前記ネットワーク接続要求を転送することを含む請求項2に記載の方法。.

前 記ソ ケットレイヤ内に前記ネットワーク接続要求を転送することが、前記ネームスペースプロバイダおよび前記レイヤドサービスプロバイダを用いて前記ネットワーク接続要求を転送することを含む請求項2に記載の方法。. 前記クライアントアプリケーションによって前記データを前記中間サーバに送信することは、 reaktor 6 requirements free download を用いて前記デ ータを前記ローカルネットワークから前記リモートネットワークへ転送する ことを含む 請求項4に記載の方法。.

前記転送が、前記クライアントアプリケーションの名前、前記クライアントアプリケーションのチェックサム、前記クライアントアプリケーションのバージョン、宛先のサーバ、または前記宛先のポートの内の少なくとも一つ の決定に応答して 行われる請求項1に記載の方法。. 前記転送が、少なくとも前記クライアントアプリケーションの名前 の決定に応答して 行われる請求項 7 に記載の方法。. 前記転送が、少なくとも前記クライアントアプリケーションのチェックサム の決定に応答して 行われる請求項 7 に記載の方法。. 前記転送が、少なくとも前記クライアントアプリケーションのバージョン の決定に応答して 行われる請求項 7 に記載の方法。.

前記転送が、少なくとも前記宛先のサーバ の決定に応答して 行われる請求項 7 に記載の方法。. 前記転送が、少なくとも前記宛先のポート の決定に応答して 行われる請求項 7 に記載の方法。. 前記ネットワーク接続要求がアクセプトされると、前記クライアントアプリケーションと前記中間サーバとの間のセキュア接続を示すため microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download ビジュアルキューを提供することをさらに含む請求項1に記載の方法。.

前記データが 前記サーバアプリケーションに 送信され た後 、前記ネームスペースプロバイダおよび前記レイヤドサービスプロバイダを前記コンピュータからに自動的にアンインストールすることをさらに含む請求項4に記載の方法。. 前記クライアントアプリケーションによって前記データを前記中間サーバに送信することは、 前記リモートネットワークと前記ローカルネットワークの間 のセキュア接続を通じて前記データを送信する ことを特徴とする請求項1に記載の方法。. 前記中間サーバ によって 前記ネットワーク接続要求を行なう 工程をさらに含む 請求項1に記載の方法。. ローカルネットワーク上のコンピュータ上で、リモートネットワーク上のファイルシステムの名前を含むネットワーク接続要求を クライアントアプリケーションから 受信する工程と、 前記ネットワーク接続要求を、前記コンピュータ上のトランスポートドライバインターフェースを用いずに前記リモートネットワーク内の中間サーバに転送する工程と、 前記リモートネットワーク上のファイルシステムから前記中間サーバへ転送されるファイルシステムのデータを前記中間サーバから前記コンピュータで受信する工程と、 を有するネットワーク通信方法。.

前記ネットワーク接続要求の転送には更に、ネームスペースプロバイダを使用する請求項 21 に記載の方法。. 前記トランスポートドライバが、TCP/IPトランスポートドライバを含む請求項 21 に記載の方法。. 前記ネットワーク接続要求の転送が、宛先サーバ、または宛先ポートの少なくとも一つ の決定に応答して 行なわれる請求項 21 に記載の方法。.

前記転送が、少なくとも前記宛先サーバ の決定に応答して 行なわれる請求項 24 に記載の方法。. 前記転送が、少なくとも前記宛先ポート の決定に応答して 行なわれる請求項 25 に記載の方法。. 前記転送は、ネットワークファイルシステムトラフィックの転送である請求項 21 に記載の方法。. 前記ネットワーク接続要求を転送する前に、前記トランスポートドライバインターフェースを前記コンピュータ上に自動的にインストールすることをさらに含む請求項 21 に記載の方法。.

前記データが受信されると、前記トランスポートドライバインターフェースを前記コンピュータから自動的にアンインストールすることをさらに含む請求項 28 offie. 前記ファイルシステムのデータを前記中間サーバから前記コンピュータで受信することは、セキュア接続を通じて前記データを受信することを含む 請求項 21 に記載の方法。. 前記コンピュータと前記中間サーバの間の通信を、セキュア・ソケット・レイヤ(SSL)が暗号化する請求項 21 に記載の方法。. 前記中間サーバが、前記コンピュータに代わって前記ネットワーク接続要求を行なう請求項 21 に記載の方法。. ローカルネットワーク上のコンピュータ上でのクライアントアプリケーションによってアプリケーションプログラムインターフェースを介し てソ ケットレイヤに送信され、リモートネットワーク上のサーバアプリケーションのアドレスを含むネットワーク接続要求の受信を実行する第1のコードと、 前 記ソ ケットレイヤ内のトランスポートサービスプロバイダを使用せずに、前記リモートネットワーク内の中間サーバへの前記ネットワーク接続要求の転送を実行する第2コードと、 前記クライアントアプリケーションによって転送されるデータの前記コンピュータから中間サーバへの送信を実行する第3コードと 、 前 記データの前記サーバアプリケーションへの送信を実行する第 4 コードと を格納するメモリと、 前記メモリ内の前記コードを実行するプロセッサと を含むコンピュータ。.

ネットワーク通信のための装置であって、前記装置が、 リモートネットワーク上のファイルシステムの名前を含む 、クライアントアプリションケーからの ネットワーク接続要求のローカルネットワーク上の 前記 装置上での受信を実行する第1コードと、 前記装置上のトランスポートドライバインターフェースを使用せずに、前記リモートネットワーク内の中間サーバへの前記ネットワーク接続要求の転送を実行する第2コードと、 前記リモートネットワーク上の前記ファイルシステムから前記中間サーバへ転送される前記ファイルシステムのデータの前記中間サーバから前記装置での受信を実行する第3コードと、 を格納するメモリと、 前記メモリ内の前記コードを実行するプロセッサと、 を含む装置。.

Checck) and system for providing secure access to private networks with client redirection. JPA JPA ja. JPB2 true JPB2 ja. JPA Expired – Fee Related JPB2 ja. USB2 microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download. EPB1 ja. JPB2 ja. CNC ja.

WOA2 ja. USB2 en. Adaptive pattern recognition based controller apparatus and method and human-factored interface therefore. USB1 en. Method and apparatus for outliok secure streaming data transmission facilities using unreliable protocols.

Aventail Corporation, A Wholly Owned Subsidiary Of Sonicwall, Inc. Automatically reconnecting a client across reliable and persistent communication sessions. Method and apparatus for connection to virtual private networks for secure transactions. System по ссылке automated connection to virtual private networks related applications.

Servicing requests that are issued in a protocol other than the protocol expected by the service. (cyclid en. Systems and methods for detecting and blocking malicious content in instant messages. Systems and methods for reflecting messages associated with a target protocol within a network. System and method for emulating SCSI reservations using network file redujdancy protocols. System and method for microsoft office outlook 2007 data error (cyclic redundancy check) free download conditional access to server-based applications from remote access devices.

Method, system and program product for processing requests in a web application. Solution for handling URL-substitution for data access in a private network architecture. Communication encryption method, communication encryption system, terminal device, DNS server and program.

 
 

Leave a Comment